トップ > 先進医療検索 > 高周波切除器を用いた子宮腺筋症核出術

こうしゅうはせつじょきをもちいたしきゅうせんきんしょうかくしゅつじゅつ
高周波切除器を用いた子宮腺筋症核出術

適応症
子宮腺筋症
療養内容
子宮腺筋症は、子宮内膜症の一部で子宮内膜が子宮筋層に球状になって、出血を伴うことがある疾病です。 子宮腺筋症の従来の手術では、腺筋症組織のみを正常の子宮筋層と分離して切除することは困難でした。 この技術は開腹後、新たに開発されたリング型の高周波切除器を用いることにより、腺筋症組織のみを切除(核出)することを可能にしたものです。
病気の部位・診療科などから探す
実施医療機関名 都道府県 所在地 TEL
秋田大学医学部附属病院 秋田県 〒010-8543 秋田市広面字蓮沼44-2 018-834-1111
独立行政法人 国立病院機構 霞ヶ浦医療センター 茨城県 〒300-8585 土浦市下高津2-7-14 029-822-5050
自治医科大学附属病院 栃木県 〒329-0498 下野市薬師寺3311-1 0285-44-2111
東京大学医学部附属病院 東京都 〒113-8655 文京区本郷7-3-1 03-3815-5411
聖マリアンナ医科大学病院 神奈川県 〒216-8511 川崎市宮前区菅生2-16-1 044-977-8111