トップ > 先進医療検索 > 泌尿生殖器腫瘍後腹膜リンパ節転移に対する腹腔鏡下リンパ節郭清術

ひにょうせいしょくきしゅようこうふくまくりんぱせつてんいにたいするふくくうきょうかりんぱせつかくせいじゅつ
泌尿生殖器腫瘍後腹膜リンパ節転移に対する腹腔鏡下リンパ節郭清術

適応症
泌尿生殖器腫瘍(リンパ節転移の場合および画像によりリンパ節転移が疑われる場合に限る)
療養内容
精巣腫瘍、膀胱腫瘍などの摘出後、追加の化学療法・放射線療法の必要性を判断するために、腹腔鏡を用いて後腹膜リンパ節を切除し、リンパ節転移の有無を確認します。切除したリンパ節に腫瘍の転移がなければ、追加の化学療法・放射線療法を行わず、その副作用を避けることができます。
病気の部位・診療科などから探す
実施医療機関名 都道府県 所在地 TEL
東北大学病院 宮城県 〒980-8574 仙台市青葉区星陵町1-1 022-717-7000
杏林大学医学部付属病院 東京都 〒181-8611 三鷹市新川6-20-2 0422-47-5511
国立大学法人 名古屋大学医学部附属病院 愛知県 〒466-8560 名古屋市昭和区鶴舞町65 052-741-2111
京都府立医科大学附属病院 京都府 〒602-8566 京都市上京区河原町通広小路上ル梶井町465 075-251-5111
大阪医科大学附属病院 大阪府 〒569-8686 高槻市大学町2-7 072-683-1221
地方独立行政法人大阪府立病院機構 大阪国際がんセンター 大阪府 〒541-8567 大阪市中央区大手前3-1-69 06-6945-1181
川崎医科大学附属病院 岡山県 〒701-0192 倉敷市松島577 086-462-1111