トップ > 先進医療検索 > MEN1遺伝子診断

えむいーえぬわんいでんししんだん
MEN1遺伝子診断

適応症
多発性内分泌腫瘍症1型(MEN1)が疑われるもの(原発性副甲状腺機能亢進症【pHPT】<多腺症でないものにあっては、40歳以下の患者に係るものに限る>または多発性内分泌腫瘍症1型【MEN1】に係る内分泌腫瘍症<当該患者の家族に多発性内分泌腫瘍症1型【MEN1】に係る内分泌腫瘍を発症したものがある場合または多発性内分泌腫瘍症1型【MEN1】に係る内分泌腫瘍を複数発症している場合に限る>)
療養内容
多発性内分泌腫瘍症1型(MEN1)は、副甲状腺機能亢進症(副甲状腺ホルモンが過剰に分泌される疾患)が起こったり、膵十二指腸、副腎や脳下垂体などに腫瘍を発症する遺伝性疾患です。この先進医療では、MEN1の発症が疑われている場合や、MEN1の遺伝子異常が判明した人が血縁者にいる場合に、血液検査によって遺伝子異常があるかどうかの確定診断を行うことができます。さまざまな症状を発症するMEN1という病気の診断を早期もしくは発症前に行うことで、早期治療や治癒率の向上が期待できます。
病気の部位・診療科などから探す
実施医療機関名 都道府県 所在地 TEL
日本大学医学部附属板橋病院 東京都 〒173-8610 板橋区大谷口上町30-1 03-3972-8111
大阪市立総合医療センター 大阪府 〒534-0021 大阪市都島区都島本通2-13-22 06-6929-1221
財団法人野口記念会 野口病院 大分県 〒874-0902 別府市青山町7-52 0977-21-2151