トップ > 先進医療検索 > 経カテーテル大動脈弁植込み術 *

けいかてーてるだいどうみゃくべんうえこみじゅつ
経カテーテル大動脈弁植込み術 *

適応症
弁尖の硬化変性に起因する重度大動脈弁狭窄症(慢性維持透析を行っている患者に係るものに限る)
療養内容
従来、先進医療の1つとして行われてきた、大動脈弁尖の硬化変性に起因する重度大動脈弁狭窄症に対する経カテーテルを使用した大動脈弁の植込み術は、平成25年10月1日から保険診療の適用となりましたが、慢性透析患者はその適用から除外されています。
しかし、置換される生体弁とそれを適正位置まで送達するデリバリーシステムから成る同治療法は、開胸による大動脈弁置換術に比べて身体への負担が少なく、根治的な弁置換術を行うことが可能で、慢性透析患者にも有用性が期待されています。
そこで、同疾患を有する慢性透析中の患者に対して、先進医療での治療を継続することとなりました。


(注)先進医療技術名に * 印がついているものは、「第3項先進医療技術」を表しています。

病気の部位・診療科などから探す
実施医療機関名 都道府県 所在地 TEL
大阪大学医学部附属病院 大阪府 〒565-0871 吹田市山田丘2-15 06-6879-5111