トップ > 先進医療検索 > オクトレオチド皮下注射療法 *

おくとれおちどひかちゅうしゃりょうほう
オクトレオチド皮下注射療法 *

適応症
先天性高インスリン血症(生後2週以上12月未満の患者に係るものであって、ジアゾキサイドの経口投与では、その治療に係る効果が認められないものに限る)
療養内容
先天性高インスリン血症は新生児や乳幼児に重篤な低血糖をきたし、内科的治療効果が不十分な場合には、95%以上の膵臓を摘出する手術が行われてきました。しかし、しばしばインスリン依存性糖尿病を発症していました。オクトレオチド持続皮下注射を行うことで、膵臓の摘出術によるインスリン依存性糖尿病の発症を回避できる可能性があります。


(注)先進医療技術名に * 印がついているものは、「第3項先進医療技術」を表しています。

病気の部位・診療科などから探す
実施医療機関名 都道府県 所在地 TEL
北海道大学病院 北海道 〒060-8648 札幌市北区北14条西5 011-716-1161
聖マリアンナ医科大学病院 神奈川県 〒216-8511 川崎市宮前区菅生2-16-1 044-977-8111
大阪市立総合医療センター 大阪府 〒534-0021 大阪市都島区都島本通2-13-22 06-6929-1221