トップ > 先進医療検索 > 多血小板血漿を用いた難治性皮膚潰瘍の治療 *

たけっしょうばんけっしょうをもちいたなんちせいひふかいようのちりょう
多血小板血漿を用いた難治性皮膚潰瘍の治療 *

適応症
褥瘡又は難治性皮膚潰瘍(美容等に係るものを除く。)
療養内容

従来型保存治療において治療抵抗性かつ手術不能(または拒絶)な褥瘡を含む難治性皮膚潰瘍を対象疾患とし、2年間で23例の患者に対して本治療を行う。患者本人から1回に最大で10%輸血用クエン酸ナトリウム含有末梢血液20~40mLを採血し、血液成分分離容器に注入後、遠心型血液成分採取装置で約15分間遠心分離して自己多血小板血漿を分取する。分取した多血小板血漿を患部(潰瘍部位)の大きさに応じた用量を塗布する。PRP治療開始後、7日おきに写真撮影を行い、4回の治療終了後、創傷部の面積測定、写真撮影を行う。完全上皮化に至っていない場合、更に4回治療を行う。


(注)先進医療技術名に * 印がついているものは、「第3項先進医療技術」を表しています。

病気の部位・診療科などから探す
実施医療機関名 都道府県 所在地 TEL
国立研究開発法人 国立国際医療研究センター病院 東京都 〒162-8655 新宿区戸山1-21-1 03-3202-7181
聖マリアンナ医科大学病院 神奈川県 〒216-8511 川崎市宮前区菅生2-16-1 044-977-8111
金沢医科大学病院 石川県 〒920-0293 河北郡内灘町大学1-1 076-286-3511
滋賀医科大学医学部附属病院 滋賀県 〒520-2192 大津市瀬田月輪町 077-548-2111