トップ > 先進医療検索 > トラスツズマブ静脈内投与及びドセタキセル静脈内投与の併用療法 *

とらすつずまぶじょうみゃくないとうよおよびどせたきせるじょうみゃくないとうよのへいようりょうほう
トラスツズマブ静脈内投与及びドセタキセル静脈内投与の併用療法 *

適応症
乳房外パジェット病(HER2が陽性であって、切除が困難な進行性のものであり、かつ、術後に再発したもの又は転移性のものに限る。)
療養内容
切除不能な進行期乳房外パジェット病に対して、トラスツズマブ、ドセタキセル2剤を投与し、その効果と安全性を評価する。いずれも乳癌における治療と同様に21日を1クールとし、3クール時に評価する。11例を対象とした単群・オープン試験である。


(注)先進医療技術名に * 印がついているものは、「第3項先進医療技術」を表しています。

病気の部位・診療科などから探す
実施医療機関名 都道府県 所在地 TEL
慶應義塾大学病院 東京都 〒160-8582 新宿区信濃町35 03-3353-1211