トップ > 先進医療検索 > アキシチニブ単剤投与療法 * 

あきしちにぶたんざいとうよりょうほう
アキシチニブ単剤投与療法 * 

適応症
胆道がん(切除が不能と判断されたもの又は術後に再発したものであって、ゲムシタビンによる治療に対して抵抗性を有するものに限る。)
療養内容

 ゲムシタビンベースの化学療法が耐性となった切除不能または再発胆道癌患者(肝内 胆管癌、肝外胆管癌、胆嚢癌、乳頭部癌)を対象として、分子標的治療薬アキシチニブ の有効性と安全性を検討する。主要評価項目は無増悪生存期間、副次評価項目は奏効割合、全生存期間、有害事象発生割合、重篤な有害事象発生割合、血管新生に係わるバイオマーカーの発現とする。


(注)先進医療技術名に * 印がついているものは、「第3項先進医療技術」を表しています。

病気の部位・診療科などから探す
実施医療機関名 都道府県 所在地 TEL
杏林大学医学部付属病院 東京都 〒181-8611 三鷹市新川6-20-2 0422-47-5511
国立研究開発法人 国立がん研究センター中央病院 東京都 〒104-0045 中央区築地5-1-1 03-3542-2511
神奈川県立がんセンター 神奈川県 〒241-8515  横浜市旭区中尾2-3-2 045-520-2222