トップ > 先進医療検索 > ヒトIL-11製剤を用いた心筋保護療法 *

ひとIL-11せいざいをもちいたしんきんほごりょうほう
ヒトIL-11製剤を用いた心筋保護療法 *

適応症
ST上昇型急性心筋梗塞(再灌流療法を施行する場合に限る。)
療養内容
インターロイキン11(Interleukin-11、IL-11)の再灌流傷害抑制による新しい心筋保護治療法の開発を目標として、ST上昇型急性心筋梗塞患者を対象に、経皮的冠動脈形成術(percutaneous coronary intervention、PCI)施行前に投与するオプレルベキンのプラセボに対する心筋保護効果について用量反応関係を明らかにすることである。対象は初発のST上昇型急性心筋梗塞患者で、冠動脈造影検査にてTIMI flow gradeが0ないし1であることを確認後、3群(プラセボ、オプレルベキン12.5μg/kg あるいは25μg/kg群)に割り付け、PCI前より3時間かけて静脈内投与を行う。予定症例数は各群30例の合計90例。 主要評価項目は、核磁気共鳴画像(magnetic resonance imaging、MRI)で評価したDay 84での心筋救済率、副次評価項目は、Day 7での心筋救済率、クレアチンキナーゼの濃度曲線下面積及びMRIで評価した梗塞サイズ、心臓超音波検査及びMRIで評価した心機能、Day 7、Day 84、Day 168の脳性ナトリウム利尿ペプチド値、6か月間の再狭窄の有無、心不全による再入院の有無、並びに心臓死の有無、有害事象とする。


(注)先進医療技術名に * 印がついているものは、「第3項先進医療技術」を表しています。

病気の部位・診療科などから探す
実施医療機関名 都道府県 所在地 TEL
大阪市立大学医学部附属病院 大阪府 〒545-8586 大阪市阿倍野区旭町1-5-7 06-6645-2121