トップ > 先進医療検索 > 131I-MIBGを用いた内照射療法 *

よーどひゃくさんじゅういち-えむあいびーじーをもちいたないしょうしゃりょうほう
131I-MIBGを用いた内照射療法 *

適応症
神経芽腫(COGリスク分類又はINRG治療前分類で高リスク群と診断されるものであって、化学療法及び造血幹細胞移植が行われる予定のものに限る。)
療養内容
大量化学療法および造血幹細胞移植を計画している高リスク群神経芽腫の初発及び再発例に対して、大量化学療法に先行して臨床的最大用量の131I-MIBG(666MBq/kg)を投与する。131I-MIBG単独での安全性を評価したのち、引き続いて大量化学療法および造血幹細胞移植を実施し最終的に有効性および安全性の評価を行う。


(注)先進医療技術名に * 印がついているものは、「第3項先進医療技術」を表しています。

病気の部位・診療科などから探す
実施医療機関名 都道府県 所在地 TEL
国立大学法人 金沢大学附属病院 石川県 〒920-8641 金沢市宝町13-1 076-265-2000