トップ > 先進医療検索 > 重粒子線治療 *

じゅうりゅうしせんちりょう
重粒子線治療 *

適応症
直腸がん(術後に再発したものであって、骨盤内に限局するものに限る。)
療養内容

本試験は、遠隔転移が無い直腸癌術後骨盤内再発で、治癒切除の適応のない症例を対象とし、重粒子線治療の有効性および安全性を評価することを目的とした、多施設共同非盲検単群試験である。炭素イオン線治療(重粒子線治療)は各施設に設置された医用重粒子加速器および照射装置を用い、1 日1回4.6GyE、2 週間で6-8回を原則とし、合計16 回、総線量73.6GyE を照射する。
・主要評価項目:3 年生存率
・副次評価項目:局所制御期間、全生存期間、無増悪生存期間、費用対効果、uality of Life(QOL)の評価、有害事象
・予定試験期間:5年(登録期間:2年、観察期間3年)
・予定症例数:32 例


(注)先進医療技術名に * 印がついているものは、「第3項先進医療技術」を表しています。

病気の部位・診療科などから探す
実施医療機関名 都道府県 所在地 TEL
群馬大学医学部附属病院 群馬県 〒371-8511 前橋市昭和町3-39-15 027-220-7111
量子科学技術研究開発機構 放射線医学総合研究所病院 千葉県 〒263-8555 千葉市稲毛区穴川4-9-1 043-206-3306
神奈川県立がんセンター 神奈川県 〒241-8515 横浜市旭区中尾2-3-2 045-520-2222
兵庫県立粒子線医療センター 兵庫県 〒679-5165 たつの市新宮町光都1-2-1 0791-58-0100
九州国際重粒子線がん治療センター 佐賀県 〒841-0071 鳥栖市原古賀町3049 0942-50-8812