トップ > 先進医療検索 > メトホルミン経口投与及びテモゾロミド経口投与の併用療法 *

めとほるみんけいこうとうよおよびてもぞろみどけいこうとうよのへいようりょうほう
メトホルミン経口投与及びテモゾロミド経口投与の併用療法 *

適応症
膠芽腫(初発のものであって、テモゾロミド経口投与及び放射線治療の併用療法後のものに限る。)
療養内容

初発膠芽腫に対する開頭腫瘍摘出術後の初期治療であるテモゾロミド併用放射線治療終了後のテモゾロミド維持治療にメトホルミンを併用する。メトホルミン併用テモゾロミド維持治療6コース施行後、メトホルミン単独治療をメトホルミン投与開始から365日まで継続する。本試験はphase I部分でメトホルミンの推奨用量を決定し、phase II部分ではphase Iで決定された推奨用量で症例数を重ね、安全性と有効性のデータを収集する。


(注)先進医療技術名に * 印がついているものは、「第3項先進医療技術」を表しています。

病気の部位・診療科などから探す
実施医療機関名 都道府県 所在地 TEL
国立がん研究センター中央病院 東京都 〒104-0045 中央区築地5-1-1 03-3542-2511
東京大学医学部附属病院 東京都 〒113-8655 文京区本郷7-3-1 03-3815-5411