トップ > 先進医療検索 > テネクテプラーゼ静脈内投与療法 *

てねくてぷらーぜじょうみゃくないとうよりょうほう
テネクテプラーゼ静脈内投与療法 *

適応症
脳梗塞(発症から四・五時間以内のものに限る。)
療養内容

脳梗塞急性期に対して、血栓溶解薬テネクテプラーゼの有効性と安全性を確立する。具体的には、発症後4.5 時間以内の脳主幹動脈閉塞による脳梗塞急性期患者におけるテネクテプラーゼの安全性(症候性頭蓋内出血の有無及び凝固線溶系マーカー)を少数例で確認(安全性検討フェーズ)する。その後、有効性(脳主幹動脈閉塞の再開通効果)及び安全性をアルテプラーゼを対照として非マスキング無作為化並行群間比較試験にて検討し、試験薬開始後早期の良好な血管再開通に関するテネクテプラーゼのアルテプラーゼに対する優越性を証明する。


(注)先進医療技術名に * 印がついているものは、「第3項先進医療技術」を表しています。

病気の部位・診療科などから探す
実施医療機関名 都道府県 所在地 TEL
国立循環器病研究センター 大阪府 〒564-8565 吹田市岸部新町6-1 06-6170-1070