トップ > 先進医療検索 > 遺伝子パネル検査による遺伝性網膜ジストロフィーの遺伝子診断 *

あすぴりんけいこうとうよりょうほう
アスピリン経口投与療法 *

適応症
家族性大腸腺腫症
療養内容

本試験は家族性大腸腺腫症患者を対象にして、有効な大腸がんの発症抑制法の実用化に繋がるエビデンス構築を目的とする。多施設単一介入臨床試験にて、低用量アスピリン腸溶錠(100 mg/day)を2年間投与することによる大腸ポリープ発生割合の減少に対する有効性と安全性を検証する。


(注)先進医療技術名に * 印がついているものは、「第3項先進医療技術」を表しています。

病気の部位・診療科などから探す
実施医療機関名 都道府県 所在地 TEL
京都府立医科大学附属病院 京都府 〒602-8566 京都市上京区河原町通広小路上ル梶井町465 075-251-5111