トップ > 先進医療検索 > 周術期デュルバルマブ静脈内投与療法 *

しゅうじゅつきでゅるばるまぶじょうみゃくないとうよりょうほう
周術期デュルバルマブ静脈内投与療法 *

適応症
肺尖部胸壁浸潤がん(化学放射線療法後のものであって、同側肺門リンパ節・縦隔リンパ節転移、同一肺葉内・同側の異なる肺葉内の肺内転移及び遠隔転移のないものに限る。)
療養内容

 肺尖部胸壁浸潤癌(superior sulcus tumor:SST)に対する術前化学放射線療法後の術前後デュルバルマブ療法および手術不能例のデュルバルマブ維持療法の集学的治療の安全性と有効性を検証する。現在の標準治療では、SST の半数以上の患者において増悪が認められる。しかし、SSTが稀少な疾患であるため、積極的な治療開発が行われてこなかった。本試験では、術前後にデュルバルマブを追加することにより、治療成績の向上を期待するものである。
主要評価項目:3 年生存割合
予定登録期間:4 年、追跡期間:登録終了後 5 年、解析期間 1 年、総研究期間:10 年


(注)先進医療技術名に * 印がついているものは、「第3項先進医療技術」を表しています。

病気の部位・診療科などから探す
実施医療機関名 都道府県 所在地 TEL
国立がん研究センター東病院 千葉県 〒277-8577 柏市柏の葉6-5-1 04-7133-1111
国立がん研究センター中央病院 東京都 〒104-0045 中央区築地5-1-1 03-3542-2511
名古屋大学医学部附属病院 愛知県 〒466-8560 名古屋市昭和区鶴舞町65 052-741-2111
九州大学病院 福岡県 〒812-8582 福岡市東区馬出3-1-1 092-641-1151