トップ > 先進医療検索 > 樹状細胞および腫瘍抗原ペプチドを用いたがんワクチン療法

じゅじょうさいぼうおよびしゅようこうげんぺぷちどをもちいたがんわくちんりょうほう
樹状細胞および腫瘍抗原ペプチドを用いたがんワクチン療法

適応症
腫瘍抗原を発現する消化管悪性腫瘍(食道がん、胃がんまたは大腸がんに限る)、原発性もしくは転移性肝がん、膵臓がん、胆道がん、進行再発乳がんまたは肺がん
療養内容
がんワクチンによって、がん細胞に対する特異的な免疫を担当するTリンパ球を活性化し、患者さん自身の免疫系によりがんを攻撃します。活性化Tリンパ球移入療法とは異なり、がん細胞に特異的なTリンパ球のみを活性化する点が特徴の免疫療法です。
病気の部位・診療科などから探す
実施医療機関名 都道府県 所在地 TEL
東京女子医科大学病院 東京都 〒162-8666 新宿区河田町8-1 03-3353-8111