トップ > 先進医療検索 > 腹腔鏡下スリーブ状胃切除術及び十二指腸空腸バイパス術

ふくくうきょうかすりーぶじょういせつじょじゅつおよびじゅうにしちょうくうちょうばいぱすじゅつ
腹腔鏡下スリーブ状胃切除術及び十二指腸空腸バイパス術

適応症
重症肥満症(内科的治療に抵抗性を有するものであって、糖尿病である者に係るものに限る。)
療養内容

手術は全身麻酔下に腹腔鏡下に施行する。まず腹部に5箇所にポートを挿入し炭酸ガスにて気腹したのち、通常のスリーブ状胃切除術を施行する。次いで十二指腸を球部で自動縫合器にて離断、さらにトライツ靭帯から約100-150cm肛門側の空腸を同様に自動縫合器にて離断する。離断した空腸の肛門側を挙上し十二指腸の近位断端と吻合したのち、十二指腸空腸吻合部から約100-150cm肛門側の空腸にY吻合を行う手術である。

病気の部位・診療科などから探す
実施医療機関名 都道府県 所在地 TEL
東北大学病院 宮城県 〒980-8574 仙台市青葉区星陵町1-1 022-717-7000
東邦大学医療センター佐倉病院 千葉県 〒285-8741 佐倉市下志津564-1 043-462-8811