トップ > 先進医療検索 > 11C標識メチオニンを用いたポジトロン断層撮影による再発の診断 *

じゅういちしーひょうしきめちおにんをもちいたぽじとろんだんそうさつえいによるさいはつのしんだん
11C標識メチオニンを用いたポジトロン断層撮影による再発の診断 *

適応症
頭頸部腫瘍(原発性もしくは転移性脳腫瘍<放射線治療を実施した日から起算して半年以上経過した患者に係るものに限る>または上咽頭、頭蓋骨その他脳に近接する臓器に発生する腫瘍<放射線治療を実施した日から起算して半年以上経過した患者に係るものに限る>であり、かつ、再発が疑われるものに限る)
療養内容
従来のFDG-PETで診断に問題があった疾患や病状に対して、炭素11標識メチオニン-PETでより精度の高い機能画像診断を提供します。これにより、治療の適正化、正しい治療評価と方針の決定が可能になります。


(注)先進医療技術名に * 印がついているものは、「第3項先進医療技術」を表しています。

病気の部位・診療科などから探す
実施医療機関名 都道府県 所在地 TEL
北海道大学病院 北海道 〒060-8648 札幌市北区北14条西5 011-716-1161
大阪大学医学部附属病院 大阪府 〒565-0871 吹田市山田丘2-15 06-6879-5111