トップ > 先進医療検索 > 自己心膜及び弁形成リングを用いた僧帽弁置換術 *

じこしんまくおよびべんけいせいりんぐをもちいたそうぼうべんちかんじゅつ
自己心膜及び弁形成リングを用いた僧帽弁置換術 *

適応症
僧帽弁閉鎖不全症(感染性心内膜炎により僧帽弁両尖が破壊されているもの又は僧帽弁形成術を実施した日から起算して六ヶ月以上経過した患者(再手術の適応が認められる患者に限る。)に係るものに限る。)
療養内容
外科的手術が必要な僧帽弁閉鎖不全症症例を対象に自己心膜を用いたステントレス僧帽弁置換術の有用性を検討するために主要評価項目を手術2週間後、12ヶ月後における経胸壁心エコー法評価による僧帽弁逆流(MR)の有無、副次評価項目を術後12ヶ月以内におけるイベント及び有害事象の発生の有無、とした多施設共同非盲検単群試験。予定組み込み症例は25例。本手術の概要:胸骨正中切開後、自己心膜を採取。手術室内クリーンベンチにて自己心膜弁(Normo弁)を作成。心停止下、僧帽弁を露出、弁切除。まず前後2対の脚部をマットレス縫合で乳頭筋に縫着。次に連続縫合で前尖側弁リング部分を弁輪に縫着。最後に残りのリング部(後尖側)を連続縫合。大動脈遮断解除。心拍再開。十分な血圧を確認後、人工心肺離脱、経食道エコーで弁の閉鎖状態を確認する。


(注)先進医療技術名に * 印がついているものは、「第3項先進医療技術」を表しています。

病気の部位・診療科などから探す
実施医療機関名 都道府県 所在地 TEL
東北大学病院 宮城県 〒980-8574 仙台市青葉区星陵町1-1 022-717-7000
日本心臓血圧研究振興会附属榊原記念病院 東京都 〒183-0003 府中市朝日町3-16-1 042-314-3111
慶應義塾大学病院 東京都 〒160-8582 新宿区信濃町35 03-3353-1211
京都府立医科大学附属病院 京都府 〒602-8566 京都市上京区河原町通広小路上ル梶井町465 075-251-5111
神戸大学医学部附属病院 兵庫県 〒650-0017 神戸市中央区楠町7-5-2 078-382-5111