トップ > 先進医療検索 > 内視鏡的胃局所切除術

ないしきょうてきいきょくしょせつじょじゅつ
内視鏡的胃局所切除術

適応症
胃粘膜下腫瘍(長径が一・一センチメートル以上であり、かつ、三センチメートル以下のものに限る。)
療養内容

全身麻酔下に経口内視鏡で胃内から病変を切除する。Endoscopic full thickness resection (EFTR) による切除を行う。EFTRは内視鏡の鉗子口から挿入した電気メスで病変周囲の粘膜切開を行った後、腫瘍の筋層付着部を露呈させ、筋層を切開して胃壁の全層切除を行い病変を切除する。腫瘍が筋層浅層までに位置している場合は胃壁を穿孔させずに腫瘍を切除する。穿孔した創はクリップや留置スネアを用いて閉鎖する。

病気の部位・診療科などから探す
実施医療機関名 都道府県 所在地 TEL
札幌医科大学附属病院 北海道 〒060-8543 札幌市中央区南1条西16-291 011-611-2111
横浜市立大学附属市民総合医療センター 神奈川県 〒232-0024 横浜市南区浦舟町4-57 045-261-5656
大阪府立病院機構 大阪国際がんセンター 大阪府 〒541-8567 大阪市中央区大手前3-1-69 06-6945-1181
社会医療法人愛仁会 明石医療センター 兵庫県 〒674-0063 明石市大久保町八木743-33 078-936-1101
福岡大学筑紫病院 福岡県 〒818-8502 筑紫野市俗明院1-1-1 092-921-1011