トップ > 先進医療検索 > 自家骨髄単核球移植による血管再生治療 *

じかこつずいたんかくきゅういしょくによるけっかんさいせいちりょう
自家骨髄単核球移植による血管再生治療 *

適応症
全身性強皮症(難治性皮膚潰瘍を伴うものに限る。)
療養内容

全身性強皮症の皮膚潰瘍の原因は毛細血管の障害に伴う末梢循環不全であり、血流の改善が治療の目標となる。既存治療として血管拡張作用のある薬剤や抗血小板薬の内服・点滴治療が実施されているが、血管障害の程度が強いあるいは範囲が広い場合には十分な血流改善効果が得られないことがあり、難治性となる。
血管再生療法は、自己の骨髄液中から血管内皮に分化しうる血管内皮前駆細胞を含んだ単核球細胞分画を取り出して虚血肢の骨格筋内へ移植することにより、新たな毛細血管を作りだす治療法である。
本試験では、全身性強皮症に伴う難治性皮膚潰瘍に対して、既存治療にadd-on する形で自家骨髄単核球移植による血管再生療法を行い、その安全性と有効性を多施設共同シングルアーム試験により検証する。


(注)先進医療技術名に * 印がついているものは、「第3項先進医療技術」を表しています。

病気の部位・診療科などから探す
実施医療機関名 都道府県 所在地 TEL
日本医科大学付属病院 東京都 〒113-8603 文京区千駄木1-1-5 03-3822-2131
横浜市立大学附属病院 神奈川県 〒236-0004 横浜市金沢区福浦3-9 045-787-2800
京都府立医科大学附属病院 京都府 〒602-8566 京都市上京区河原町通広小路上る梶井町465 075-251-5111
久留米大学病院 福岡県 〒830-0011 久留米市旭町67 0942-35-3311